このページをお読みいただいているのは、多くの資産をお持ちの方や投資家として活躍されている方でしょう。そして、売却の際のパートナーである不動産会社に対し、少なからず不安や不満を抱いた経験がおありではないでしょうか。
不動産会社をよりよいパートナーとして活用していただくための、3つのお願いです。

1.お客様の希望を聞いてくれるか、立ち止まり考えてください

不動産はシビアな業界。営業の担当者にはノルマが課されるのがふつうです。彼らは契約がほしい気持ちでマンマンですから、さまざまなトークでアピールしてくるでしょう。

熱意があるのは、お客様にとってもよいことですが、肝心なのはその中身。担当者が魅力的に見えても、契約を決める前に一瞬立ち止まり考えてみてください。

「その担当者はお客様の話を心から聞いているでしょうか?」

自分の話ばかりしようとする担当者は、一番肝心なお客様の希望を軽視している可能性があります。話を聞く担当者を選んでください。

2.媒介契約の種類にこだわる必要はありません

不動産会社と結ぶ仲介業務の契約には、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があります。不動産会社としては、専属専任、または専任媒介契約を結び、独占的にお客様の不動産を扱いたいと考えます。お客様側のメリットは、自分の物件に専念してくれることだと言われますが、果たしてそれは本当でしょうか?

私たちの経験上、契約の種類によって扱いが変わるということは、ほぼありません。一般媒介契約だからといって手を抜くようでは、大事な資産を扱うパートナーとしては失格。お客様のために、どれだけ時間と労力をかけるかは契約の種類ではなく、不動産会社の能力とスタンスの問題です。

3.わずらわしい営業を避けたい方には専任媒介契約をお願いします

このページをご覧の方は、「物件を売りませんか?」といった電話など、しつこい営業を受けた経験をお持ちかもしれません。

わずらわしい思いをしたくない方には、専任媒介契約または専属専任媒介契約をおすすめします。「専任でお願いしている不動産会社があります」と答えれば、強引な営業を退けることができるでしょう。

ただ、それでもしつこい営業を止めない悪質な会社も、残念ながらあります。エースでは、専任・専属専任媒介契約をお任せいただいた場合、そうした不動産会社とのトラブル解消もお手伝いさせていただきます。

エースに相談する